2012.07.25(Wed):鉄道旅行

[ 留萌本線 藤山駅 ]
201201(43)
藤山駅退去の時間が迫ってきます。
長々と滞在しましたが、居心地が良かったせいか、離れがたい思いを感じていました。
名残惜しさを感じますが、それを断ち切るように、列車が駅に近づいてきます。
そして“お迎え”となった4928Dに飛び乗り、鮮烈な印象を残した藤山駅を後にしたのでした。

[ 留萌本線 幌糠-藤山間 ]
201201(44)
沿線は、次第に雪が強くなり始めていましたが、それを尻目に、車中は春の陽気です。
その暖かさの中に身を置くと、さすがに疲れがドッと噴き出してきました。
この日は朝も早かったですしね・・・。
結局、藤山駅を過ぎたころから深川駅に着くまで、ほとんど車内で眠りこけていました。

[ 函館本線 深川駅 ]
201201(45)
気が付いたら到着していた(汗)終点・深川駅でさらに乗り換え、今度は北を目指します。
乗り換え列車は、稚内行きの特急「サロベツ」でしたが、この日はかなり混雑していました。
幸い、LMは事前に指定席を予約していたので助かりましたが、自由席は朝のラッシュ並の大混雑。
指定席を手配したLMも、窓際はとれず、通路側に相席でようやくとれたくらいでした。

[ 宗谷本線 和寒駅 ]
201201(46)
約1時間ほど「サロベツ」に揺られた後、和寒で下車します。
特急の暖房で暖められた体で車外に降り立つと、外の寒さはかなり身にしみます。
思わず「わっ、さむ!」と定番?のおやじギャグを叫びたくなるくらいです(笑)。
ここでさらに乗り継ぎをするのですが、しばらく時間があるので、駅前のコンビニで装備を整えました。

201201(47)
今度は327Dに乗り込み、さらに北上を続けます。
駅で待つ間、日も陰り、寒さがしんしんと体に堪えてきました。
これから先の行程がちょっと心配になった瞬間でした。

[ 宗谷本線 車中 ]
201201(48)

[ 宗谷本線 剣淵駅 ]
201201(49)
雪で白く染まった光景を次々と車窓に映しながら、名寄方面に向けてひた走る327D。
ただ、LMの目的は、この列車に乗り続ける事ではなく、ある駅で途中下車すること。
知る人ぞ知る秘境駅まで、あと少しです。


スポンサーサイト

Secret