2012.05.15(Tue):桜情景

[ 京都市内 平安神宮神苑 ]
京都桜紀行2012(49)

京都桜紀行2012(50)
京都御所から遷したという尚美館を池の向こうに臨む光景は、平安神宮神苑を代表する光景。
特に、桜の時期は、最高の美しさになる。

京都桜紀行2012(51)

京都桜紀行2012(52)

京都桜紀行2012(53)
池にかかる泰平閣(橋殿)から見た尚美館と桜の景色は、平安神宮神苑の景色の中でも白眉のもの。
同じ泰平閣でも、場所を少し変えると、目に見える景色は微妙に変わる。
腰かけられるようになっている欄干に座り、この光景に正面から相対する。
すると、不思議に周囲の人の気配も雑音も消え、景色の中に溶け込むような気がした。
それは、身は現代に居ながら、魂だけ平安時代に飛ばしているかのような、幻想的な感覚だった。

(京都・春~桜物語・了)


スポンサーサイト

Secret