2012.08.04(Sat):鉄道旅行

[ 宗谷本線 剣淵駅 ]
北の空へ_201201(57)
寒さに耐えかね、とりあえず、328D剣淵駅まで離脱したLM。
ありがたいことに、この駅では待合室でストーブがたかれ、心地よい暖かさでした。
LMは、折り返し329Dが来るまで、ぴったりストーブにへばりついていました

北の空へ_201201(58)
待つことしばし、ようやく人心地ついたところで、329Dが到着しました。
この列車で、一路、名寄を目指します。
この日の最終目的地(宿泊地)は旭川であり、そこのホテルで後続のKと交流する予定でした。
そう考えれば、ひとつ前に乗った328Dは旭川行きですから、そのまま乗り通していれば良かったわけですが・・・。
ちょっとした用事を名寄に控えていたため、この列車に乗ることになったものです。

[ 宗谷本線 名寄駅 ]
北の国から2012(5)
名寄での用事を済ませ、駅に戻ります。
その頃から、雪がどんどん降り積もり始めました。
撮影していると、少しの時間でもコートに雪が降り積もるくらい激しいものでした。
しかし、雪の降る夜に佇む名寄駅は、照明が幻想的に輝き、とても印象的な雰囲気でした。

北の空へ_201201(59)
駅前にある温度計は、氷点下12.4℃を指していました。
名寄と北剣淵では、若干温度が違うかもしれませんが・・・。
気温が-12℃前後というのを知って、ちょっとがっくりきました。
以前、北海道を訪問していた頃は、(装備が万全なら)-15℃くらいまでは全然平気だったので・・・。
歳をとったのかなぁ、とちょっと悲しくなりました。

北の国から2012(4)
名寄駅での一コマ。
列車を待つ間、改札口の窓越しに見たものです。
雪の降るホームと、停車しているキハの姿がとても印象的だったので、思わず撮ってみました。

北の空へ_201201(60)
雪のせいか、若干遅れて名寄駅に入線する特急「スーパー宗谷」
フリー切符を持っているので、指定席をとろうと思っていましたが、この時は疲労がかなり蓄積していました。
そのため、料金は別になりますが、グリーン席を確保します(旭川までの運賃はフリー切符でカウント可能)。
快適な座席に座れたお陰で、疲労もだいぶ軽減されました。

[ 函館本線 旭川駅 ]
北の空へ_201201(61)
快速を誇る「スーパー宗谷」だけに、旭川駅まではあっという間です。
しかし、名寄駅で降り出した雪が勢いを増してきたため、遅れは回復しませんでした。
この日の旭川は、明日からの旅路が心配になるほど雪が降り続け、辺りは真っ白になっていました。
この雪の中、旭川で合流したKと共に、LMたちの旅路はまだまだ続くのです。


スポンサーサイト

Secret