2012.06.22(Fri):鉄道写真

[ 伯備線 備中川面~方谷間 ]
伯備線貨物(8)
前回、伯備線で貨物を撮影した翌週、再び伯備線沿線に立つことになりました。
LMが住んでいる所から伯備線までは、非常に長大な距離片道500km以上)となります。
しかも、前週撮影に行った直後であり、さすがに連続の出撃はためらいましたが・・・。
前回も書いたとおり、このブログの黒幕のたっての依頼とあって、出撃を決意しました。

伯備線貨物(9)

伯備線貨物(10)
前回と違い、今回は伯備線メインなので、十分撮影地を調査してから出立します。
まず、午前中の3082レを狙う場所は、備中川面~方谷間にある撮影地にしました。
備中川面駅にほど近く、橋梁上を走る列車を踏切沿いに撮影できるこの場所は、伯備線でも有名な撮影地の一つ。
特に、貨物列車は、この鉄橋上では減速するので、余裕をもって撮影できます。
LMがここを訪問したときはあいにくの雨でしたが、それでも御同業者が他に2人おられました。
踏切が鳴り出し、木立の陰からゆっくりと姿を現す3082レ。
カーブで大きく車体を傾けながら曲がって来る迫力のシーンを、ファインダー越しに興奮しながら見ていました。


動画も撮影しましたが・・・。
こちらは三脚の据え付けが悪く、大失敗(汗)。

[ 伯備線 木野山~備中川面間 ]
伯備線貨物(11)

伯備線貨物(12)


3084レの撮影地は、備中川面駅にほど近い場所で、第2高梁川橋梁を臨む川原にしました。
上記の撮影地は駅よりも新見寄りですが、こちらは総社寄りになります。
三脚も立て、ピント等の設定もしっかりやったと思っていましたが・・・。
実際に撮影した写真を確認すると、ひどい甘ピン状態でした(滝汗)。

[ 伯備線 豪渓~日羽間 ]
伯備線貨物(13)
当初、3074レの撮影は、上記の一カ所に留める予定でした。
ところが、撮影地からの撤収をのんびりやっていたにも関わらず、途中で3084レを追い抜いたので、もう一カ所と欲が出てきました(汗)。
しかし、急には撮影地も分からず、やむなく豪渓駅前の直線で捉えることに。
タイガーロープの処理に悩み、結局は真っ正面の写真になってしまいました(死)。
まあ、今回の撮影の重点目標はEF64を撮ることなので、これはこれで悪くなかったのですが。

[ 伯備線 総社~豪渓間 ]
伯備線貨物(14)
その後、上記の場所から少し総社方面に移動します。
これまで、3082レにせよ、3084レにせよ、いずれも下り列車でした。
それに対し、この場所は、上り列車を撮影するのに向いている撮影地です。
上り貨物は、伯備線を走行する時間が夕刻以降になるため、なるべく総社寄りの撮影地が望ましいようですね。
最初に撮影したのは3083レでしたが、時間がなかったので準備ができず、かなり適当な撮影になりました(汗)

伯備線貨物(18)
最後の撮影は、同じ撮影地からやや立ち位置を変えて、大きくカーブを曲がる3085レを撮影します。
時刻は17時50分過ぎ、いくら日の長い時期とはいえ、雨のそぼ降る中ではかなり暗くなっています。
そのため、ISOを限界まで上げ、何とかシャッター速度を稼ぎます。
画質は少々悪くなりましたが、大カーブを弧状になって駆け抜ける貨物の雄姿を撮影できました。

伯備線を走るEF64の雄姿を見て、LMもKもすっかり魅了されてしまいました。
山や川が多く、渓谷や鉄橋が豊富なため、撮影好適地もまだまだあちこちにあるように見受けられました。
LMの住んでいる所からはかなり遠い(汗)のが難ですが、今後も機会があれば撮影に行きたいですね。




< 補 記 >

某所から、このブログで使われる「黒幕」等の用語について意味がよく分からないという指摘を受けましたので、コチラで解説させていただくことになりました。
LMとその周辺の人間関係に関わるものです。


スポンサーサイト

Secret