2008.08.28(Thu):雑記

【LM】

このブログ全般を司るメイン管理人。
LMという名前の由来については、コチラで紹介している「Lost Memory」の「L」「M」から。
このブログの文章は全てLMが執筆しており、当ブログの“筆者”でもある。
記事の管理、コメント等のレスも全てLMが担当する。
写真についても、最近は9割方LMが撮影しており、ほぼLMの個人ブログと化しつつある。
昔から病を患い、歳を重ねるごとに増えつつある現状
それに比例して薬も着々と増加し、薬の量は常に20±5程度飲み続けている。
それでも現在、症状は悪化し、倒れてしまうことも少なくない。
また、そんな状態で仕事をすることに疲れ、うつ病とも戦う日々。
それでも、何とかこのブログだけは続けている。
以前はむしろ写真嫌いだったが、このブログのお陰で撮る楽しみを知った。
※LMの写真履歴についてはコチラ
ブログ設立前までは乗り鉄専門だったが、最近は完全に撮る方が主流。

【K】

LMの高校時代からの親友で、このブログの共同管理人。
どこに行くにも(北海道でも)ほぼ共をしてくれる、大切な友人。
殊に、LMの体調がすぐれないため、常にLMをサポートし、撮影に行く際はほぼ車を出してくれる、貴重な存在。
出撃回数の多さと、仕事場の遠さが災いし、愛車は新車購入後3年目の車検を待たずして10万kmオーバー(汗)。
LMがブログを始めたころから鉄道写真に目覚め、LMより先に一眼デビュー
アングル力と、風情のある写真の撮影をさせたら、腕前は確実にLMより上。
写真・鉄道共、知識に乏しいのが難だが、向上心は高い。
某工場に勤務し、夜勤主体であるため、平日昼間の撮影が可能で、LMが撮れない写真は彼に任せている。
しかし、パソコンを持たず、ネット環境にもないため、ブログ管理人とは名ばかりになっている。

【R嬢】

LMの友人で、Kの彼女だった女性。
西相知駅の項等で時折登場するとおり、この駅を深く愛していた。
その独特の世界観は、LMやKを始め、多くの友人たちを魅了した。
LMが駅に興味を持つようになったのは彼女の影響が大きい。
清楚で可憐な女性だったが、病魔に侵され、高校生の頃、夭折した。

【最愛の人】

LMが生涯で最も愛した女性。
資産家の令嬢で、美しく聡明、LMにはもったいなさすぎる女性だった。
しかし、誕生日はLMと同年月日で、強い運命も感じた。
実際、ひどい男嫌いだったにも関わらず、なぜかLMとは短い期間で意気投合。
将来を誓い合っていたが、飲酒運転の車に撥ねられ、20歳の若さで死んだ。
本当は、彼女が死んだ時点でLMは絶望し、自殺したかったが、彼女との間に「自殺だけは絶対にしない」という誓いを立てていたので、自殺できず、今に至る。
北海道に連れて行ってくれたことがあり、そこでの思い出が今の北海道への憧憬につながっている。

【黒幕】

このブログの陰の管理者。
M・K、M・S、M・Oの3人の女性がおり、主体はM・K。
M・Kは、以前は鉄道写真をよく撮影に行っていたが、最近は体調を崩し、入退院を繰り返している。
時々、彼女は「どこに撮影に行って、これこれの写真を撮影してほしい」と依頼してくる。
彼女を始め、黒幕たちからは、カメラやレンズ購入、撮影旅行の際の旅費など、少なくない資金援助を得ており、LMもKもその依頼を断りきれない。
そもそも、このブログは、そうした撮影の「成果」を彼女たちに見せるために設立したものだった。
最近は若干その性格が薄れたが、今でも多大な影響力を持っている。
この3人は、前述した【最愛の人】【R嬢】にも関係しており、人間関係は複雑。


スポンサーサイト

Secret