2013.05.28(Tue):鉄道旅行

[ 石北本線 白滝駅 ]

白滝に向かう普通列車は遅れていましたが・・・。
これに接続する特急「オホーツク7号」は大した遅れもなく、白滝に入線してきました。
LMの乗車してきた普通列車は、そのまま折り返し遠軽行の普通列車になります。
なので、そのまま乗車していようかとも思いましたが・・・。
少しでも早く遠軽に到達して荷物を降ろしたかったので、特急に飛び乗ることに決めました。
北海道フリーパスを持っていることでもありますしね。

[ 石北本線 遠軽駅 ]

30分ほどで遠軽到着。
駅を離れ行く特急「オホーツク7号」を動画撮影します。
白い湯気がもうもうと立ちあがる、なかなか勇ましい動画が撮れました。

北海道201301(17)
投宿先である駅近くの宿にいったん荷物を放り込んだ後、急いで遠軽駅に戻ります。
最近恒例となっていた夜間の石北臨貨(8074レ)は、今回残念ながら時間的に撮れませんでした。
その代わり、この時間帯は、先ほど下白滝駅ですれ違ったラッセル車が入線しているのです。

北海道201301(18)

北の記憶(11)
なかなか走行している場面を撮る機会には恵まれませんが・・・。
こうして停車しているラッセル車を撮るのも悪くありません。
今年は雪が多かったですから、除雪作業も大変だったでしょうね。

北海道201301(19)
遠軽の象徴・瞰望岩(がんぼういわ)と共に。
-20℃前後での撮影に、次第に手足の感覚が麻痺してくるのを感じます。
でも、ワクワクした気持ちで撮影しているせいか、不思議と寒さは感じませんでした。


静寂に包まれた構内に、ディーゼルの快いエンジン音が響きます。
その音を聞きながら、白い湯気をあげるラッセル車を見ていると、何とも言えない充実感を感じます。
-20℃にも達する寒さにも関わらず、いつまでもこのラッセル車の傍を立ち去り難い思いでした。


スポンサーサイト

Secret