2018.04.12(Thu):駅紹介・三江線編

[ 三江線 潮駅 ]
三江線_the_last_day(4)
前日までの多忙な仕事の影響で、三江線沿線に展開できたのは10時頃。
某氏から教えていただいた、潮駅の俯瞰撮影地をこの日最初の撮影地に定めた。

三江線_the_last_day(3)
ここは「ハートランド双葉園」という施設の職員駐車場なのだが、職員の皆さんには笑顔で撮影を許可していただいた。
この場をお借りして、この素晴らしい撮影地を大勢の撮影者に提供してくださった施設の皆様に御礼申し上げたい。

三江線_the_last_day(5)
マスコミのヘリコプターが3機も飛来する騒々しい環境の中、9424Dが潮駅に入線してきた。
ヘリの轟音と、鳴り響くシャッター音を除けば、それはまるで幻のように美しい光景だった。

三江線_the_last_day(6)
これまでにも何度も潮駅と桜の撮影をしているが、この日はとりわけ美しく感じた。
周囲の話によると、2日ほど前まではほとんど咲いていなかったという。
その後、天気と気温に恵まれてか花は咲き誇り、潮駅は桜の園に早変わりした。
なごり雪ならぬなごり桜――桜たちは、咲くべき時を知っていてくれたのだった。



風の中に聞こえてくる最愛の人の言葉。
「今日、三江線が、今までずっと自分を撮り続けてきたあなたのために、最高の舞台を用意して報いようとしている」
その言葉を身に染みて感じ、涙がこぼれ落ちそうになった。
一方で、これほど美しい光景を美しく切り取ることのできない自身の無力感に苛立ち、焦燥感にも似た感覚に苛まれた日でもあった。
ともあれ、こうしてLMの大好きな三江線の「美しき終焉」を記録する一日は始まったのだった。



2018.04.10(Tue):駅紹介・三江線編

[ 三江線 潮駅 ]
三江線_the_last_day(1)
ご無沙汰していてすみません。
LMが決算期のため超多忙なのと、パソコンの不調もあり、なかなか更新できずにいました。

[ 三江線 鹿賀駅 ]
三江線_the_last_day(2)
三江線最後の日に撮影した写真を前回紹介しましたが、ほんの一部ですので、本日から最終日に撮影した桜舞い散る三江線の模様をご紹介します。
まだ多忙なので遅延することもありますが、ご容赦くださいm(_ _)m

P.S.

この度、島根県西部で発生しました地震で被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
一刻も早く地震が終息し元のくらしに戻れますことをお祈りいたします。




2018.04.01(Sun):駅紹介・三江線編

[ 三江線 潮駅 ]
三江線ラストラン_180331(2)
(2018.03.31 三江線最終営業日に 潮駅の最終列車9432D)
仕事で連夜残業漬けの日々ですが、万難を排して三江線ラストランに行ってきました。
仕事の都合上、朝一からというわけにはいきませんでしたが、最終列車(浜原行9432D)まで見送ってきました。

三江線、最後の日――。
それは、とても美しく、華やかな最後でした。

[ 三江線  川戸-田津間 ]
三江線ラストラン_180331(3)
抜けわたるような青空と、

[ 三江線 潮駅 ]
三江線ラストラン_180331(1)
美しい満月と、

三江線ラストラン_180331(4)
満開の桜、そして地元の人を始めとする大勢のお見送りの人々。
その全てに恵まれた、奇跡的な最後でした。
LMの願い通り、華やかなフィナーレ(大団円)になってよかったと思います。
まるで、ずっと三江線に通い詰めてきたLMに対する御褒美のようでした。
三江線廃止は残念で悲しいことですが、この日、ここにいれた事を、私は幸せに思います。

[ 三江線 鹿賀駅 ]
三江線ラストラン_180331(5)
ありがとう、三江線。
例え廃止されても、思い出にはいつまでも残ります。
あなたは最後まで、私が憧れ続け、求め続け、癒やされ続けた最高の路線でした。
今は安らかにお休みください。

(写真はいずれも2018年3月31日、三江線最終営業日のもの)



2018.03.29(Thu):駅紹介・三江線編

[ 三江線 川平駅 ]
川平駅_桜なし(2)
先日、三江線に行ったとき、川平駅にも寄ってみた。
だが、駅前にいつも見かける桜の大木がない。

川平駅_桜なし(1)
川平駅前は、三江線廃止後のバスを転回させるため、ロータリー工事が行われていた。
それに伴い、駅前にあった桜の樹も伐採されてしまったようだ。
春の花咲く頃を待たずして、三江線よりも一足先に、川平駅の桜は消えた。
それを目前にして、LMはしばらく立ち尽くしてしまった。
心のどこかに空虚なものを感じて。
何故か、頭の中では宇多田ヒカルの「桜流し」が延々と流れて止まらなかった。

川平駅_過去
(2010.04撮影)

三江線201704(5)

川平駅_過去(2)
(2017.04撮影)
これまで、駅前の桜は、春の川平駅を彩る美しい象徴だった。
昔は駅舎前にもあったが、数年前に伐採されてしまった。
その後も道路側に面した桜は川平駅を彩り続けてきたが、今回残念ながら喪われた。
せめてもの救いは、昨年満開の盛りに、この駅の桜を撮れたことだろう。

川平駅_桜なし(3)
せめて、川平駅の駅舎は残ってほしいが・・・。
バスの待合室として残ってほしいのだが、現状で維持するのは難しいという記事も見かけた。
この美しい駅舎が残ってくれることを祈ってやまない。



2017.12.13(Wed):駅紹介・三江線編

[ 三江線 宇都井駅 ]
宇都井駅イルミ(7)
INAKAイルミ@おおなん2017」が今年も開催されました。
田舎で行われる珍しいイルミネーションイベントで、「天空の駅」として名高い宇都井駅と、その眼下に広がる宇都井の里が美しくイルミネーションで彩られます。

宇都井駅イルミ(6)
ここ最近、なかなか参加できずにいましたが・・・。
三江線の廃止が来年度に迫り、今年は最後となる開催となるため、何としても参加したいと思っていました。
今年の開催日は11月25日~26日で、幸い、前回紹介した11月25日のD51撮影の後に行くことができました。

宇都井駅イルミ(1)

宇都井駅イルミ(5)
普段から大好きな駅ですが・・・。
イルミネーションで彩られた駅は一際美しく、印象深いものがありました。

宇都井駅イルミ(2)

宇都井駅イルミ(3)

宇都井駅イルミ(9)
このイベントを見る度に思うのですが・・・。
この駅は、銀河鉄道の発着駅のように思います。
2両しかないささやかな“銀河鉄道”ですが。

宇都井駅イルミ(10)
この光景を来年は見れなくなると思うと、本当に残念です。

宇都井駅イルミ(8)

宇都井駅イルミ(4)
最後の最後だから・・・
思い残すことのないよう、しっかり撮影しました。
今年の宇都井駅はとりわけ美しかったと思います。
もうこの景色が見れなくなってしまっても・・・
この光景は、いつまでもLMの胸に残ることでしょう。