FC2ブログ
2021.03.17(Wed):駅探訪

[ 因美線 知和駅 ]
知和駅202103(1)
先日、久しぶりに因美線の知和駅まで出かけた。
他の用事(そちらがメインの用事)のおまけとして立ち寄ったのであまり時間的な余裕は持てなかったが、久しぶりに大好きな木造駅舎を堪能することができた。

知和駅202103(2)

知和駅202103(3)
夜明の頃から8時頃まで、2時間ほど駅に佇んだ。
生憎の天候だったが、風格ある駅はそれさえ風情に変えた。
LMの大好きな聖地は、この日もLMを優しく包み、癒やしてくれた。

知和駅202103(5)

知和駅202103(4)
最愛の女性の遺影と共に、静かな駅の雰囲気を楽しむ。
またひとつ、彼女との素晴らしい思い出を胸に刻むことができた。
この日は2時間程度しかいれなかったが、十分に幸せな時間だった。



2021.03.09(Tue):駅探訪

[ 宗谷本線 北星駅 ]
北星駅(5)

北海道旅行201901(30)

北星駅(4)

お別れ北星駅(1)
今週末の3月12日をもって宗谷本線では12駅が営業を終了し、13日に廃止となる。
これらの駅の中には、LMの思い出の駅も多々あるので、LMとしてもやはり寂しい。
個人的に現状で最高の聖地である天塩川温泉駅が維持されるのは救いだが、一方で思い出の多い北星駅が廃止されるのは大きな痛手となる。

北星駅(6)

北海道旅行201901(31)

北海道旅行201901(32)

北星駅(7)

北星駅(8)
毛織の北紡」の派手な看板が一際目を引く北星駅の待合所とももうすぐお別れだと思うと本当に辛い。
その北紡株式会社は昭和の時代に失われたが、この待合所はそれからさらに平成、令和と乗り越えてここまで来た。
惜別の情は湧くが、この小さな待合所としては、北海道の豪雪に耐えてよく踏ん張ってきたと思う。
今は「お疲れさま」と言いたい。

北星駅(1)

北海道旅行201901(35)

お別れ北星駅(3)

お別れ北星駅(2)

お別れ北星駅(4)
せめてもの救いは、北星駅の健在なうちに、多くの写真を撮影する機会を得たことだ。
これら写真がある限り、北星駅の記憶は、LMの中でいつまでも消えない。

ありがとう、北星駅。
貴方はたくさんの思い出を紡ぎ、LMの心に残る素晴らしい駅でした。



ますますご無沙汰しております、LMです(滝汗)。
業務多忙により、一週間に一度の更新もままならなくなりました。
何より、撮影に行けておりません(汗)。
今回の企画も過去写真で構成させていただきました。
今後もしばらく多忙が続き、更新が停滞する見込みです。
ご容赦くださいm(_ _)m



2021.02.25(Thu):廃線探訪

別件で広島県まで行く用事ができたため、その用件が完了した後、1日限りで旧三江線の現状を調査した。
廃止から時間が経ち、レールが剥がれたり駅舎(待合室)が失われた駅も確実に増えだした。
時間的余裕がなかったため全駅は無理だったが、ピンポイントで訪れた駅を駆け足で紹介する。

[ 旧三江線 長谷駅 ]
三江線廃駅巡り202102(1)
小さな待合所を含め、何も変わりはなかった。
大好きなこの駅の無事を確認し、まずは何よりだった。

[ 旧三江線 口羽駅 ]
三江線廃駅巡り202102(5)

三江線廃駅巡り202102(6)

三江線廃駅巡り202102(7)
駅舎含め健在。
駅名標は、NPO法人江の川鐵道によるオリジナルのものに変更された。
訪問日は、ちょうど江の川鐵道等による7日間限定のトロッコ運転(実証実験)の最中だった。
その様子は、ニュース等でも多数報道されている。

[ 旧三江線 宇都井駅 ]
三江線廃駅巡り202102(8)
変わりなく健在。
天空の駅の圧倒的な存在感は今も変わりがない。
3月10日まで工事中(転落防止柵等設置)のため立入禁止。

[ 旧三江線 潮駅 ]
三江線廃駅巡り202102(2)

三江線廃駅巡り202102(3)

三江線廃駅巡り202102(4)
LMの思い出がたくさん詰まったこの潮駅。
この駅では、待合室の喪失が確認された。
無機質な建物だったが、思い出深い建物だったので残念。
江の川は、何事もなかったように流れていた。

[ 旧三江線 川平駅 ]
三江線廃駅巡り202102(9)
駅舎の健在を確認。
現在は代替バスの待合所として使われているらしい。
なお、ホーム側は線路が剥がれている。

[ 旧三江線 江津本町駅 ]
三江線廃駅巡り202102(10)
残念ながら、駅舎(待合室)が失われ、ホームを残すのみになった。



今回の調査では、潮駅、江津本町駅で待合室の喪失が確認された。
今後、時が過ぎれば失われる駅はさらに多くなるかもしれない。
その一方で、宇都井駅、口羽駅を拠点として、鉄道公園として整備する計画もある。
新しい道へと走り始めた宇都井駅、口羽駅には、コロナ渦という逆風はあるが、幸多からん事を祈った。



2021.02.16(Tue):駅探訪

[ 因美線 那岐駅 ]

ご無沙汰しております、LMです。
更新が停滞しております・・・(汗)。
コロナ渦に伴いなかなか撮影に行く機会がないこと、及び仕事が多忙なことから、1月の大雪撮影以来、撮影が全くできていません(汗)。
過去写真の振り返りでもしようかと思いましたが、以前(個人的に)撮影していた動画でお茶を濁そうかと思います。

昨年9月に那岐駅を訪問した時の動画で、駅の正面から駅舎内、雪よけ上屋のある階段を通り、築堤上にあるホームまで歩いていく(だけの)動画です。
2分弱の短い動画(かつ、スマホの手持ち撮影なので水平がきちんととれてない・汗)虫の鳴き声が聞こえる、静かでひなびた駅の雰囲気、またこの駅の特徴でもある雪よけ上屋のある階段を味わっていただけたら幸いです。



2021.02.02(Tue):駅探訪

[ 佐世保線 永尾駅 ]
白銀の情景(31)

白銀の情景(38)
永尾駅は、今回巡った駅の中では一番積雪量が多かった駅となる。
大晦日にも降雪があり、その時も写真を撮っているが、比較にならない積雪量だった。

白銀の情景(36)
跨線橋もこの通り。
普通の靴で踏み込めばたちまちずぶ濡れだろう。
LMは、幸い北海道用の装備であるスノーブーツを持ち合わせており、これが大活躍した。

白銀の情景(33)

白銀の情景(34)
雪の中を通過していく列車。
車両は見慣れた783系だが、景色はどう見ても雪国のものだった。
今、自分がいる舞台が九州とは思えない。
見慣れ、見飽きた車両と、滅多に見れない、憧れの雪国の景色――
それが同時にLMの視野に入り、認識機能を混乱に陥れる。

白銀の情景(39)

モノクロームの世界にオレンジのアクセントを加えるハウステンボス号。
銀世界で一際目立った。

白銀の情景(35)

白銀の情景(37)
降りしきる雪の中、駅のベンチで佇んでいた。
前にも書いたが、この日は本来、北海道に発つ日だった。
だが、コロナの影響でその夢は断たれた。
しかし、今――北海道で着るはずだった防寒着を着て、北海道で履くはずだった靴を履いて雪を蹴散らし、雪に包まれた木造駅舎で一人――より正確には最愛の女性の遺影と――佇んでいる。
LMにはやはりどうしても、この雪が最愛の女性の贈り物としか思えなかった。
北海道行きの夢は破れたが、せめてもの代替として与えられたこの幻想――いや、現実の銀世界。
彼女の遺影を見ながら「ありがとう」と呟いた。
遺影の中の彼女は、ふと、微笑んだように見えた。

(2021.1.9 【白銀の情景】九州銀世界・了)



皆様、ご無沙汰しております。LMです。
今回ご紹介した雪の日の撮影以外、LMは1月中どこにも撮影に行けませんでした(涙)。
コロナもありますが、仕事も多忙ですので・・・。
という次第で、ネタが非常に不足していますので、今後さらに更新が滞る恐れがあります。
ご容赦ください(汗)。